〒379-2105 群馬県前橋市東大室町177-1     Tel 027-268-6111     Fax 027-268-6113     学校代表メール shirogane-snes◎edu-g.gsn.ed.jp
             (地図表示)     群馬県       立しろがね特別支援学校           (◎は半角の@にしてください)『メールQRコードはここ
 

メニュー

校長室より学校紹介いじめ防止対策基本方針学校評価入試情報スマートフォン等利用ルール各学部の目標と主な授業等の様子主な学校行事の様子各種お便り進路安全・管理校外特別支援与薬介助依頼書インフルエンザによる療養報告書各種メールアドレス年間行事予定PTA同窓会しろがねの四季Web掲載の履歴校内研修

カウンタ

You are the456483th visitor.
(Since 2015年4月1日)

群馬県のハイスクールガイド


(↑↓クリックしてね!)

群馬県内の特別支援学校(公立)へ

 

_群馬県立しろがね特別支援学校______トリケラトプス
【本校サイトに素早くアクセス!】
 

学校設立の理念

学校設立の理念
 しろがね特別支援学校(以下、本校)は、しろがね学園(福祉型障害児入所施設)と「教育と福祉」の連携を実現しています。
 本校は、平成10年のしろがね学園移転建築に伴い、同一敷地内に新設されました。
 ※ 平成16年から、自宅通学生の受入れを始め、現在に至っています。 
 しろがね学園と本校の設立理念の一つには
  ① 「住む」 
  ② 「癒やす」
  ③ 「集う」
  ④ 「学ぶ」
 という子どもたちの基本的な生活パターンを軸とした空間構成があります。
 中でも学校は、「集う」と「学ぶ」の空間を担っています。

 それでは、学校が担っている「集う」と「学ぶ」について紹介します。 

1 設立の理念についての考察
    高等部玄関から校舎に入ると、左側に学園とつながる連絡通路があります。そこには、脇田愛二郎(彫刻家・造形作家)氏 の作品があります。(写真①)
             
      (写真① 脇田愛二郎(彫刻家・造形作家)氏の作品)

  この作品を見ると、本校の設立についての理念や作者の思いを感じます。設立理念の一つである「住む」「癒やす」「集う」「学ぶ」の4つを表しているの        だろうと思います。(図1①)
  そして、4つの組み合わせた長方形が、集まって大きな長方形を作っているようにに思います。(図1②)
  見方を変えれば、大きなものの中に小さな一つ一つのものがあるように見え、そこに無限の広がりを感じます。

           ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  
  子どもたちの生活の中に「住む」「癒やす」「集う」「学ぶ」の4つがあり、子どもたちが集まって学校をつくっているのだと思います。
    このことは子どもたちや学校に限ったことではなく、人が集まって社会ができるということは、昔も今も変わることのない不易なものであると思います。この       作品の前に立って、こんなことに思いをめぐらすと、私たち教師の責任を痛感し、身が引き締まる思いです。
 
  次の図は、脇田愛二郎氏の作品と同じように、「住む」「癒やす」「集う」「学ぶ」の4つを図にして表したものです。
  
  「住む」「癒やす」「集う」「学ぶ」の4つの位置は固定されているものではありません。子どもたち一人一人によって、そして、一人一人のそのときの気          持ちや状態によって変わってくるものです。この4つが入り交じってこそ子どもたちのへの教育と福祉を成り立たせている のだと思います。
      
2 学校での「集う」と「学ぶ」
  (1)  学習スペース  
   「集う」と「学ぶ」の象徴といえるのが、ラーニングスペース(高等部)です。

          
               (写真② ラーニングスペースの写真)

  ・ 写真②に向かって右側が各学級の教室です。(写真③④)
  ・ 左側がグループコーナー(学習室)となります。
  
           ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  ・ 写真中央は多人数で集まり学習するワークスペースとなっています。(写真⑤⑥⑦)
  ・ 写真に向かって左側は、グループコーナー(学習室)となり、ワークスペースに壁を取り付け、半個別化して学習に取り組める空間となっています。                   (写真⑧)
     ・ 子どもたちは、まず、教室から出て、学習に必要な教材を取りに、教材室に向かいます。(写真⑨)
  ・ その後、学習スペースであるグループコーナーやワークスペースに集まり、学習に取り組みます。
                
                 
                  (写真③ フローリングの教室)
      
                  
                   (写真④ 畳の教室)

                      
                     (写真⑤ ワークスペースその1)

                   
                      (写真⑥ ワークスペースその2)

                   
                     (写真⑦ ワークスペースその3)

                   
                       (写真⑧ グループコーナー)

                   
                        (写真⑨ 教材室)


              ・ 高等部のラーニングスペースだけでなく、すべての学部で教室のオープン化を図っていて、学級や学年等に応じた学習環境づくりができるようにな                      っています。(写真⑩⑪)
         ・ さらに、小・中学部も高等部同様、畳の教室に加え、フローリングの教室も設けています。(写真⑫⑬⑭)
         ・ また、小学部では、プレイルームが教室と同じ空間にあり、教室の4倍もある広いスペースで、体操やダンス、レクリェーションなどを行うことが                      でき、体育や音楽、学級活動などの学習も行うことができます。(写真⑮)
         ・ 畳の教室は、小上がりになっている和室のため、靴を脱いだり履いたりそろえたり、また、机といすのように自分だけのスペースではない座卓を使                      うことで、人との適切な距離をとったり、スペースを譲り合ったりすることなどを自然に学習することができます。

                       
                            (写真⑩ 中学部 学習スペースその1)
    
                     
                             (写真⑪ 中学部 学習スペースその2)
  
                     
                            (写真⑫ 小学部 畳とフローリングの教室)   

                     
                           (写真⑬ 中学部 畳の教室)   

                      
                              (写真⑭ 高等部 フローリングの教室)
 
                     
                            (写真⑮ 小学部 プレイルーム) 

   (2) サロン
  ・ 1階にあるサロンには、6人かけのテーブルが15卓あり、すべてのテーブルが全面ガラス張りの空間に並んでいます。(写真⑯)
  ・ サロンでは、しろがね学園の厨房でつくられたあたたかいお昼ごはんを、児童生徒が一同に集まって食べます。もちろん、教室で食べることも選べま                   す。  
               
                 
                    (写真⑯ サロン)

  (3)  多目的スペース  
  ・  2階にある多目的スペースでは、例えば、校外学習にむけてのグループごとの行動計画作りや休み時間のボードゲーム遊びなど、目的に応じて集まった子           どもたちが集まり、ペアやグループとなり、学習や活動を行うことができます。(写真⑰)
  ・  また、学年集会や音楽集会、保健集会等の集団での学習も行うことができます。完備している流しを活用し、スペースを構造化することで空き缶処理等の           作業学習を行うこともできます。(写真⑱)          

                        
                      (写真⑰ 多目的スペースその1)

                  
                         (写真⑱ 多目的スペースその2)

 3 結び
  ・ 本校は、学校設立の理念を常に念頭に置き、これからも、しろがね学園と本校が掲げる「教育と福祉の連携」を具現化するために、教育成果の向上を目               指し、子どもたち一人一人が、自立と社会参加を目指して、個性・能力を調和的に高めていくための主体的な行動力を見つけることができるように努めてい             きます。
  

学校設立の理念.pdf

 
この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。