〒379-2105 群馬県前橋市東大室町177-1     Tel 027-268-6111     Fax 027-268-6113     学校代表メール shirogane-snes◎edu-g.gsn.ed.jp
             (地図表示)     群馬県       立しろがね特別支援学校           (◎は半角の@にしてください)『メールQRコードはここ
 

メニュー

校長室より人事希望表明制度学校紹介いじめ防止対策基本方針学校評価入試情報スマートフォン等利用ルール各学部の目標と主な授業等の様子主な学校行事の様子各種お便り進路安全・管理校外特別支援与薬介助依頼書インフルエンザによる療養報告書各種メールアドレス年間行事予定PTA同窓会しろがねの四季Web掲載の履歴校内研修

カウンタ

You are the464942th visitor.
(Since 2015年4月1日)

群馬県のハイスクールガイド


(↑↓クリックしてね!)

群馬県内の特別支援学校(公立)へ

 

_群馬県立しろがね特別支援学校______トリケラトプス
【本校サイトに素早くアクセス!】
 

校長室より

<2学期始業式>あいさつ

【小・中学部】9:30~  【高等部1年】9:50~

 今日から、2学期が始まりました。小学部の皆さん、中学部の皆さん、そして先生たちがここに揃いました。またみんなで一緒に生活する時間が始まります。校長先生を始め、しろがね特別支援学校の先生たちは、皆さんの元気な姿に会えるのを楽しみにしていました。こうやって皆さん、一人一人の姿を見ることができ、とてもうれしいです。そして、とても安心しています。終業式で皆さんに伝えた「手をしっかりと、丁寧に洗うこと。そして、マスクをすること」を、皆さんは夏休み中にしっかりと守っていたのですね。みなさん頑張りました。偉かったですね。

 今、コロナというウイルスが拡大したり、自分たちがウイルスに感染したりしないようにするために、前々から計画していたことやずっと楽しみにしていたこと、チャレンジしようと考えていたことなどが、変更になったり、中止になったり、延期になったりしています。そんなときには、きっとがっかりしてしまいますね。でも、「やろうと決めて、準備をして、努力してきたこと」は、その人の中で、とても強い力となって高等部へとつながっていきます。無駄なことなんてありません。ですから、精一杯、力を出し切る、そんな2学期にしていきましょう。


【高等部2年】10:10~  【高等部3年】10:30~

 今日から、2学期が始まりました。高等部3年生の皆さん、そして先生たちがここに揃いました。またみんなで一緒に生活する時間が始まります。校長先生を始め、しろがね特別支援学校の先生たちは、皆さんの元気な姿に会えるのを楽しみにしていました。こうやって皆さん、一人一人の姿を見ることができ、とてもうれしいです。そして、とても安心しています。終業式で皆さんに伝えた「手をしっかりと、丁寧に洗うこと。そして、マスクをすること」を、皆さんは夏休み中にしっかりと守っていたのですね。みなさんしっかりと取り組めました。それから、職場実習を自主的に取り組んだ人もいました。どうぞ、「できた」という自分を信じて、これから始まる就業体験にチャレンジしてください。後輩のモデルとして活躍する姿、直向きに働く姿を期待しています。また、1学期に現場実習が中止になってしまっている人も、卒業後に対する不安を抱えてはいけません。実習期間に限らず、実習を重ねれば良いのですから。先生が必ずサポートするので、相談しましょう。

 さて新型コロナウイルス感染拡大防止に当たって、群馬県の警戒度は現在、2です。そのような中、コロナというウイルスが拡大したり、自分たちがウイルスに感染したりしないようにするために、前々から計画していたことやずっと楽しみにしていたこと、チャレンジしようと考えていたことなどが、変更になったり、中止になったり、延期になったりすることがあります。そんなときには、きっとがっかりしてしまいますね。でも、「やろうと決めて、準備をして、努力してきたこと」は、その人の中で、とても強い力となって将来につながっていきます。無駄なことなんてありません。私たちが悩み抜いて選んだ結論というのは、将来における最高の選択となるのです。ですから、今この時々をスタートにして、精一杯、力を出し切る、そんな2学期にしていきましょう。


***********************************************************

<1学期 終業式>あいさつ

 

【小・中学部】9:00~ 【高等部1年】9:30~

 新入生の皆さんには、入学式の日に、「友情」「笑顔」「元気」という校訓についてお話ししました。

 最初は「グー」、「仲間と一緒にやるぞ、オー」「仲間と一緒に頑張るぞ、オー」のときに握る拳。「友情」について、「皆さんはとても正直で、優しい人たちです。ですから、仲間を大切に思いやり、友情をはぐくんでください」と話しました。

 次に「チョキ」、これは「笑顔」です。両手でピース、皆さんとても素敵な笑顔です。「皆さんにはとても魅力があります。ですから、その魅力あふれる笑顔で、これから出会うたくさんの人たちと挨拶をしてください」と話しました。

 そして「パー」、これは「元気」です。「おはよう 元気ですか」「また明日 元気でね」と、その優しさいっぱいの、あなたたち一人一人の手のひらが語りかける。「自らを鍛え、自信を持ってチャレンジし、未来を生き抜く元気を身に付けてください」と話しました。これからも、皆で校訓を大切にしていきましょう。

 4月、5月と臨時休業が続きました。そして、やっと学校が始まりました。友達がいる学校はなんとも楽しいところですよね。皆さんとこの楽しい学校を大切にしたいです。ですから、コロナというウイルスが拡大したり、自分たちがウイルスに感染したりしないようにしなければなりません。そのために、皆さんが頑張ることは何でしたか。

 そうです。ずっと勉強してきています。手をしっかりと、丁寧に洗うこと。そして、マスクをすることでしたね。3週間の夏休みの間も、このことを守って、楽しく過ごしてください。

 さて、私は、明日から皆さんに会えなくなる日が続くのでとても寂しいです。だから、寂しいからこそ、2学期に会えることを楽しみに、夏の生活を頑張ろうと思っています。

 明日から一人一人の違った夏の生活が始まります。一人一人違うからこそ、自分の生活を精一杯楽しんでください。

  そのために、けがをしないでください。命を大切にしてください。


【高等部2年】10:00~ 【高等部3年】10:30~

 4月、5月と臨時休業が続きました。そして、やっと学校が始まりました。その間、皆さんは大変な思いをしていたのだろうな、辛い思いをしたのだろうなと、思うのです。よく頑張りました。

 友達がいる学校はなんとも楽しいところですね。皆さんとこの楽しい学校を大切にしたいです。ですから、コロナというウイルスが拡大したり、自分たちがウイルスに感染したりしないようにしなければなりません。

 そのためには、手をしっかりと、丁寧に洗うこと。そして、マスクをすることです。3週間の夏休みの間も、このことを守って、楽しく過ごしてください。

 さて、私は、明日から皆さんに会えなくなる日が続くのでとても寂しいです。だから、寂しいからこそ、2学期に会えることを楽しみに、夏の生活を頑張ろうと思っています。

 明日から一人一人の違った夏の生活が始まります。職場実習を自主的にするという人もいます。一日は頑張れます。でも、二日続けて働くことはとても難しいことなのです。三日続けることはもっともっと難しいことです。どうか、できるという自分を信じて、チャレンジしてください。一人一人違うからこそ、一人一人の生活を精一杯楽しんでください。
 そのために、けがをしないでください。命を大切にしてください。



***********************************************************


<令和二年度 中学部・高等部入学式>式辞

 

 花々は色鮮やかに咲き誇り、鳥たちは優しくさえずり、さわやかな香りが満ち溢れる春爛漫のこの良き日に入学式を迎えられましたことを、心からお喜び申し上げます。
  本日はPTA会長様、しろがね学園の園長様に、公私共に御多用の中、御臨席を賜り厚く御礼を申し上げます。
 只今、中学部二名の入学についてお伝えするとともに、高等部十九名の入学を許可いたしました。新入生の皆さん並びに保護者の皆様、御入学おめでとうございます。未来への可能性を秘めた活力ある新入生を、本日迎え入れることができましたことは、私どもの大きな喜びであります。在校生教職員一同、心より歓迎いたします。
 さて、新入生の皆さんは、「グー」「チョキ」「パー」を知っていますね。この三つを使って、これから、しろがね特別支援学校の「友情」「笑顔」「元気」という校訓についてお話しします。
 最初は「グー」、これは「友情」です。「仲間と一緒にやるぞ、オー」「仲間と一緒に頑張るぞ、オー」のときに握る拳です。皆さんはとても正直で、優しい人たちです。ですから、どんなときにも、正直に、優しさを持って人と接してください。仲間を大切に思いやり、仲間との「友情」をはぐくんでください。
 次に「チョキ」、これは「笑顔」です。両手でピース、皆さんとても素敵な笑顔です。その魅力あふれる笑顔を、一層素敵に輝く笑顔にしていってください。
 そして「パー」、これは「元気」です。「おはよう 元気ですか」「また明日 元気でね」と、その優しさいっぱいの、あなたたち一人一人の手のひらが語りかけるのです。皆さんには心の元気と体の元気を身にまとう準備ができているはずです。これからの頑張りが皆さんの将来を支える大切な力となります。この学校で自らを鍛え、自信を持って様々なことにチャレンジし、未来を生き抜く元気を身に付けてください。
 皆さんが、「友情」「笑顔」「元気」を大切にしながら、明るく生活していくことを願っています。
 結びに 保護者の皆様、これまで御子様を育ててきた年月を振り返ってみますと、時には体調の悪かったときもあったでしょう。気持ちが不安定だったり、なかなか言うことを聞き入れてくれなかったりしたときもあったことでしょう。日夜心配なさったことが多々あったことと思います。しかし、本日の成長した御子様の晴れ姿を見て、喜びもまた格別であると存じます。手塩にかけて育てられた御子様を、本日より皆様の期待と信頼に応えられるよう、全教職員が心を一つにして責任を持ってお預かりいたします。どうかこの間、本校の教育活動に深い御理解と力強い御支援、御協力を賜りますようお願いいたしまして、式辞といたします。
 

令和二年四月八日
 群馬県立しろがね特別支援学校 校長
 髙橋 玲